貿易事務のキャリアアップ

貿易事務の仕事からキャリアアップするには

①現在の職場でキャリアアップ

現在貿易事務の仕事をしている人の中には、もう少し収入を上げたいと考えている人もいるでしょう。貿易事務の仕事は高い英語力が求められ、早く正確な事務処理能力が必要とされる仕事です。しかし、貿易事務の職種で募集されている求人に応募をして採用されたばかりの人は、それほど給料が高くありません。ある程度長く貿易事務の仕事をしていても、役職に就いていないと高収入は望めないでしょう。

貿易事務の仕事でキャリアアップを図るには、現在の職場で役職に就くことがもっとも手堅い方法です。また、パートや契約社員として貿易事務の仕事に従事している人は、同じ貿易事務でも正社員を目指すのが年収アップの第一歩になるでしょう。正社員の求人を探して転職するのもいいですが、可能であれば同一職場内で正社員を目指すのが望ましいです。

役職なしの正社員から管理職を目指すには、英語能力や文書作成の能力に加えて、マネジメント力が求められます。同じ会社の貿易事務でも係長や課長などに就任すれば、年収がアップするだけでなく、よりやり甲斐のある仕事に携われるようになるでしょう。

②転職してキャリアアップ

貿易事務の仕事から転職をしてキャリアアップを図ろうとしている人も多いです。現在の職場環境ではキャリアアップが難しそうであれば、より良い条件の職場を求めて転職活動をします。同じ貿易事務の職種で募集している求人を探す人もいれば、他職種の求人を探す人もいるでしょう。貿易事務の仕事で培われた英語力や事務処理能力は、営業職などでも活かせることが多いです。海外企業と取引のある企業なら、営業職でも英語でのやり取りが多くなります。給料も貿易事務より高めで、スケールの大きな仕事に携われるでしょう。

また、外資系企業への転職もおすすめです。貿易事務の仕事をしていた人なら、普段から英語で文書作成をしているため、外資系企業で採用されやすいでしょう。外資系企業なら、日系企業と比べて業務内容にあまり差がなくても、給料がかなり高いことが多いです。ただ、外資系企業で働く際には、基本的に実力主義である点に留意しておきましょう。

東京を知ろう!

東京都への一極集中がすすむ

どうして東京に人が集まり続けるのか

地方から東京へ行った時の印象、それは人が多い。それもそのはず、東京都道府県人口及び人口密度ランキングでは、共に1位、人口2位の神奈川、人口密度第2位の大阪に大きく差をつけての1位である。2014年4月1日の東京都の人口は、1323万人、世界でも有数のメガシティである。しかも、さらに増え続けている。2013年の調査では、18年連続6万人台を維持し、ついに転入超過数が9万7千人となった。大阪では7000人、150人の超過にとどまっていることから、東京への人口集中のすごさがわかる。なぜ、このようなことになっているのか。エコノミストによる分析によるとアベノミクスによる株高を背景に個人消費が増え景気が回復し、商業圏に人口が流入したとのこと。

人口増加で問題になると考えられること

まず、待機児童問題がさらに深刻化し、都市部で仕事を辞めざるを得ない女性が増えていくこと。ネットでの託児依頼での事件が記憶に新しいがこのようなことも増えてしまうかもしれない。また、出生率の低さから高齢化問題が深刻化、介護福祉の人手不足から、災害の時の被害が拡大、人口集中が自然災害のリスクを高めている。人口集中は、生産性向上につながるはずなのだが、東京の経済力は、27カ国中10位。生産性は11位。地価や物価の高さがネックのようだ。これからの東京は課題が山積だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA